top of page

「演技のコツは演技をしない事?!」第三回『相手との関係性を作る方法~相手の話を聞くことと目を見ること~』

こんにちは!ACL主宰の谷口です!

前回は、感情を表現する方法についてお話ししました。

今回は、相手との関係性を作る方法についてお話ししたいと思います。


相手との関係性とは、自分と相手の間にあるつながりや信頼感や共感感などのことです。

相手との関係性を作ることで、自分の気持ちや考えを相手に伝えることができます。


では、どうすれば相手との関係性を作れるでしょうか?

相手との関係性を作るには、相手の話を聞くことと目を見ることが大切です。

相手の話を聞くことは、相手の気持ちや考えを理解しようとすることです。

目を見ることは、相手に興味や関心や尊敬や好意などを示すことです。


では、どうすれば相手の話を聞くことができるでしょうか?

まず、耳で聞くことが大切です。

耳で聞くことは、相手が言っている言葉や声や音などに注意することです。

例えば、相手が何を言っているか、どんな声で言っているか、どんな音がしているかなどに耳を傾けることです。


次に、心で聞くことが大切です。

心で聞くことは、相手が感じている感情や考えなどに気づくことです。

例えば、相手がどう感じているか、どう思っているか、どうしたいかなどに心を寄せることです。


最後に、体で聞くことが大切です。

体で聞くことは、自分の体や声などで相手に反応することです。

例えば、自分の顔や姿勢や動きや呼吸や発声や話し方などで相手に合わせることです。

つまり、相手の話を聞くには、耳で聞き、心で聞き、体で聞くことです。

そうすることで、相手の話を聞けるようになります。

では、どうすれば目を見ることができるでしょうか?

まず、目で見ることが大切です。

目で見ることは、相手の目に注目することです。

例えば、相手の目の色や形や動きや光などに目を向けることです。


次に、心で見ることが大切です。

心で見ることは、相手の目から伝わってくる感情や考えなどに気づくことです。

例えば、相手の目が何を表しているか、何を求めているか、何を訴えているかなどに心を開くことです。

最後に、体で見ることが大切です。

体で見ることは、自分の目や顔などで相手に反応することです。

例えば、自分の目や顔や表情などで相手に感情や考えや意志などを伝えることです。

つまり、目を見るには、目で見る、心で見る、体で見ることです。

そうすることで、目を見ることができるようになります。


では、どうすれば自分の気持ちや考えを相手に伝えることができるでしょうか?

次回は、役柄に合わせた声と身体の使い方についてお話しします。


お楽しみに!

閲覧数:33回

Comments


bottom of page