top of page

「演技のコツは演技をしない事?!」第四回『役柄に合わせた声と身体の使い方~自分の声と動きを変えること~』

こんにちは!ACL主宰の谷口です!


少し間が空いてしまいました。。。


前回は、相手との関係性を作る方法についてお話ししました。

今回は、役柄に合わせた声と身体の使い方についてお話ししたいと思います。

役柄とは、自分が演じる人物やキャラクターのことです。

役柄に合わせた声と身体の使い方とは、自分の声や動きを役柄に応じて変えることです。

役柄に合わせた声と身体の使い方をすることで、自分の気持ちや考えを相手に伝えることができます。

では、どうすれば役柄に合わせた声と身体の使い方ができるでしょうか?


役柄に合わせた声と身体の使い方をするには、自分の声と動きを変えることが大切です。

自分の声と動きを変えることで、自分の感情や考えも変わります。

逆に言えば、自分の感情や考えが変われば、自分の声と動きも変わります。

例えば、元気な時は声が明るくなったり、動きが活発になったりします。

疲れた時は声が暗くなったり、動きが鈍くなったりします。

緊張した時は声が小さくなったり、動きが硬くなったりします。


では、どうすれば自分の声と動きを変えることができるでしょうか?

まず、自分の声と動きに気づくことが大切です。

自分の声や動きがどうなっているか、どう感じているかを観察することです。

例えば、自分の発声や話し方や音程や音量や速度や抑揚などに注意することです。

また、自分の姿勢や動きや歩き方やジェスチャーや表情などに注意することです。


次に、自分の声と動きを意識的に変えることが大切です。

自分の声や動きを意図的に操作することです。

例えば、自分の発声や話し方や音程や音量や速度や抑揚などを変えてみることです。

また、自分の姿勢や動きや歩き方やジェスチャーや表情などを変えてみることです。


最後に、自分の声と動きを自然に変えることが大切です。

自分の声や動きを無理やり操作するのではなく、感じたままに操作することです。

例えば、自分の発声や話し方や音程や音量や速度や抑揚などを感情に合わせて変えることです。

また、自分の姿勢や動きや歩き方やジェスチャーや表情などを感情に合わせて変えることです。


つまり、役柄に合わせた声と身体の使い方をするには、自分の声と動きに気づき、意識的に変えてみて、最終的には自然に変えることです。

そうすることで、役柄に合わせた声と身体の使い方ができるようになります。


では、どうすれば自分の気持ちや考えを相手に伝えることができるでしょうか?


次回は、練習とフィードバックの方法についてお話しします。お楽しみに!

閲覧数:28回

Comentários


bottom of page