top of page

第四回 『演技力・表現力が日常生活を豊かにする具体的な例① ~コミュニケーションスキルの向上~』

演技力は、自分の気持ちや考えを表現したり、相手の気持ちや考えを理解したりする力のことです。

そこに更に表現力があると、人と話すときに自分の声や顔や体をうまく使って、相手に伝えたいことを伝えることができます。

また、相手の声や顔や体をよく見て、相手がどう思っているかを感じることができます。


演技力・表現力は日常生活で役に立ちます。

演技力・表現力があるとコミュニケーションスキルが上がるからです。

コミュニケーションスキルとは、人と話したり聞いたりする力のことです。

コミュニケーションスキルが上がると、人と仲良くなったり、自分の意見や希望を言ったりしやすくなります。


では、どうしたら高めることができるかの簡単な方法を紹介してみます。


①自分の話すことや聞くことについて、どんな気持ちや思考を持って外に現れているのかを考える。

例えば、「楽しい」と思っているときは笑顔で明るく話し、「ごめんなさい」と言いたいときは目を見て謝るなど。


②相手の話すことや聞くことについて、どんな気持ちや考えを持っているかを想像する。

例えば、「大変だったね」と言われたときは相手が心配してくれていると感じ、「良かったね」と言われたときは相手が喜んでくれていると感じるなど。


③自分や相手の声や顔や体にも気をつける。

例えば、声の高さや速さ、表情や目線、身振りや手振りなど。

これらは言葉だけでは伝わらない気持ちや考えを伝える大事なものです。


④演技の練習をする。

例えば、自分が演じたい人や場面を思い浮かべて、その人や場面でどう話したり聞いたりするかを試してみる。

また、映画やドラマなどの人の話し方や動き方をマネてみることもいいです。


このようにして、演技力を高めることができます。

演技力・表現力を高めれば、コミュニケーションスキルも高まります。

コミュニケーションスキルが高まれば、日常生活がもっと楽しくなります。


次回はもう少し具体的を続けてみたいと思います。


お楽しみに!

閲覧数:19回

Comments


bottom of page