top of page

第三回『相手との関係や場面を決める方法』

前回は、相手との関係や場面に集中することで本物みたいな演技を目指す方法についてお話しました。

今回は、その方法を練習するために必要なことについてお話しします。


それは、相手との関係や場面を決めることです。

これは、演技の基本です!

相手との関係や場面が決まれば、自分がどんな人物で、どんな目的や意味で、どんな言葉や行動をするかが明確になります。

それに合わせて相手に何かを伝えることができます。


では、どうやって相手との関係や場面を決めるのでしょうか?

まず、演じる人物や場面について考えます。

例えば、友達同士でカフェにいるとか、恋人同士で別れ話をするとかです。

そして、その人物や場面に合った台詞を考えます。

例えば、「このケーキ美味しいね」とか、「もう会えないの?」とかです。

その台詞を相手に言ってみます。

そして、相手の反応を見てみます。

相手はどんな表情や声色で返事をしますか?

相手はどんな気持ちや考えを持っていますか?

それに対して自分はどう感じたり思ったりしますか?

その感情や考えを言葉だけでなく体や声、顔や目などで表してみます。


このようにして自然に話しが変化していきます。

その時に大切なのは、自分の気持ちや考えを隠さずに表すことです。


この練習をすることで、自分と相手とのコミュニケーションがスムーズになります。

そして、それが見てくれる人にも伝わります。

演技はコミュニケーションなのです。


以上が、相手との関係や場面を決める方法についての説明でした。

演技初心者の方は、ぜひこの方法を試してみてください。

今回は少し短めでしたが、次回は演技と感情の関係についてお話しします。


お楽しみに!

閲覧数:28回

Comments


bottom of page